バンコクの地下鉄「MRT」の乗車方法をご紹介!

スポンサードリンク

バンコクにはスカイトレインBTSの他に、便利な地下鉄MRTがあります。今回はMRTの乗車方法について説明します。

001

スカイトレインは地下にあるので、まずMRTの入り口から階段を降り、改札の手前でコイン形のトークンを購入します。

002

これがトークン購入機です。特にアソーク駅では、大抵かなりの人數が並んでいます。

005

100B札とコインが使えます。500Bや1000Bは、窓口で両替をしてください。子どもは90cm以下の身長の場合、無料です。

007

画面右上に英語表記とタイ語表記が選べるボタンがあるので、好みのボタンを押してください。

006

行き先に指をあてると必要な金額が提示されますので、右の金銭挿入口から100Bやコイン等を適正に入れます。缶ジュースの自動販売機のように、下の受け口にトークンが落ちてきますので、お釣りと一緒に忘れずに取ってください。

010

これが磁気の黒いトークンです。切符と同じ役割を持つので、車内で無くさないようにしておきます。改札を通る場合、磁気を画面にあてるだけでOKです。早めに通らないとすぐに通り口が閉まりますので、開いたらすぐに通ります。エレベーターも各駅にあります。

009

降りる際は、磁気を入れて出るところがありますので、カシャンと入れて改札を抜けます。ここでも頻繁に、遅れて出れなくなる人がいるので、開いたらささっと通ります。

MRTは常に左右2方向に電車が来るので、目的の場所に応じて間違えずに乗車しましょう。MRTの運賃は乗車距離に応じて16から40バーツで、子供や高齢者用運賃は半額になります。

004

単発で乗る方法以外に、1日、3日、30日間の乗り降り自由のフリーパスカードがあります。料金は1日120B、3日は230B、30日で1400Bです。旅行者には便利ですね。1ヶ月に1400B以上乗る予定がある人は30日分を購入した方がお得です。

まとめ

タクシーだけではなく、BTSやMRTを乗りこなせるようになればタイ旅行上級者です。タクシーで行くはずの場所も、ぎりぎりまではMRTを使い、目的地が近くなってからタクシーに乗り換えるのも賢い選択でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクの空港は「スワンナプーム」と「ドンムアン」の2つ

  2. おすすめ!バンコクローカルな人気の水上マーケット「クロンラッド」

  3. 55階のルーフトップバー「レッドスカイ(Red sky)」

  4. バンコクの太極拳練功会

  5. 日本語対応の「食品、日用品通販サービス」一覧

  6. バンコクのショッピングモール「シーコンスクエア」

  7. バンコクでアンチエイジング「ポンサリン・クリニック」

  8. バンコクの32階ホテル「ル・アパート」のラウンジ

  9. オンヌットスクエア

  10. フードコートのクーポン制支払いシステム3種類のご紹介!

ページ上部へ戻る