タイでマッサージ師に渡すチップの相場はどのくらい?

スポンサードリンク

タイといえばタイ古式マッサージ。旅や仕事で疲れた身体を癒やすためにマッサージに行く人は多いのではないでしょうか。タイ古式マッサージは、アクロバティックで痛そうですよね。実際に「痛い、もうやめてくれ」と思う方も多くいるようですが、程良い痛みが気持ち良くてリピーターになってしまいます人も多いようです。

さて、日本にはチップ制度がないため、海外に行って戸惑う人も多いはず。チップはいくら渡せばよいのでしょうか。今回はタイでマッサージに行った場合の適正なチップの相場をお伝えします。

タイマッサージ料金表の一例

massagepay03

とある店のタイマッサージの料金表です。最近では1時間あたり200〜250B、2時間400〜500Bが多いです。足や頭部のみのコースもあります。場所によって料金が違いますが、場所というよりは技術者の評判で店選びをするのが良いでしょう。料金は大抵前払いです。

屋外のマッサージ屋

m0

この写真は有名な「カオサン通り」で撮影したものです。バックパッカーの多いカオサン通りではイスがずらっと並んでいて、30分100Bほどでフットマッサージを受ける旅行者を多く見かけます。夜や涼しい時期であれば、外でも快適です。蚊には気をつけましょう。

室内のマッサージ屋

massagepay02

室内やテントの中など、このように室内でマッサージするほうが主流です。うつ伏せスタイルにはじまり、徐々にアクロバティックになり、最後はあぐらスタイルで終了する流れが多いです。お店の人は話していたり携帯をあたっていたりする場合もありますが、そこはタイのお国柄ですので目をつぶりましょう。マッサージは確かにきつそうな仕事ですよね。気持ち良くしてもらった後はついついチップをはずんでしまいがちのようです。

スポンサードリンク

タイマッサージのチップの相場は?

massagepay04

さて、気になるチップの料金ですが、1時間あたり20B、2時間で40Bくらいが現地の適正相場です。長期でタイに住んでいる人はご存知でしょう。多くても50Bほどで良いと思います。

よくチップは100B以上という方もいますし、中にはわざわざ日本語で「チップの相場は100Bです」と表記した紙を見せてくるマッサージ屋もあるほどです。ですが、タイではコンビニや飲食店のスタッフの給与が時給30〜40Bほどで、都市部のバンコクの最低賃金が1日300Bです。そのことを考えると、店から給与をもらっているマッサージ師に更にチップを100B以上も渡すのは多すぎでしょう。

もともと、タイのマッサージ屋ではチップの習慣は無かったと言われています。タイが観光地として脚光を浴び欧米人が増えた頃から、チップを渡す観光客が増え、今ではマッサージ師もチップを貰って当たり前と思うようになっています。もちろん、サービスに対する満足の気持ちを表すのがチップですので、自分の気持ちで払えば良いのですが、相場を大きく上回るほどのチップを渡すことは避けたほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクの空港は「スワンナプーム」と「ドンムアン」の2つ

  2. バンコクの太極拳練功会

  3. パタヤ市内の移動方法「タクシー」「ソンテウ」「バイク」

  4. 【随時更新中】バンコクのコワーキングスペースまとめ

  5. バンコク市内のラグジュアリーな高級ホテルまとめ

  6. バンコクにワニ園!?「クロコダイルファーム」に行ってみよう!

  7. バンコクのコンセントの形状は?日本の家電やAV機器は使える!?

  8. プロンポンのおしゃれカフェ「Casa Lapin」

  9. 週末トラベルにお薦め!バンコク郊外のサファリワールド

  10. バンコクの洗濯事情「コインランドリーの使い方」

ページ上部へ戻る