バンコクの現地採用の求人を探す方法まとめ

スポンサードリンク

バンコクで就職をしたい人必見!現地採用の求人を探す方法をまとめてみました。採用されればワークパーミットを取得でき、長期滞在の可能性も高まりますよね!

現地の情報誌の「求人コーナー」から探す

バンコク週報、DACO、WISE、等、来てみて初めてその存在を知る日本人向けフリーペーパーが、バンコクには多数あります。もちろん、知った後でネットから読むことはできますが、まずは紙面を見てその発行元の規模などを知ることができるでしょう。フリーペーパーには大抵「求人」「求む」「掲示板」「お知らせ」などのカテゴリーの中に、現地採用の募集がかかっている枠があります。文字数が決まっているので、詳細は分かりにくいことがあるでしょうが、それは日本の就職活動でも同じ。まずは10社ほどにアプローチをかけ、仕事詳細や待遇を聞き判断しましょう。

ネットの「タイ掲示板」やタイ求人サイトから探す

「バンコク週報」では、仕事を探す人が自分の希望や職歴を登録することができます。「クラシファドタイ版」や「WISE掲示板」などで個人的に求人を出している人がいます。定期的にチェックしていると目ぼしい仕事があるかもしれません。

技術系であれば、「直接交渉」!

salon1

美容師、エステティシャン、ネイリストなど、技術職であれば、日本同様、常に人材が足りていない可能性も高いので、直接交渉が望ましいでしょう。ただ、新しい会社ですとワークパーミットが出る保証はありません。「日本に今居てタイで働きたいです。」という状況よりは、「今タイに来ていますので店舗見学に行ってもいいでしょうか。」とのアプローチの方が10倍以上就職に結びつき易いです。積極的に行動しましょう。

「派遣会社」や「人材紹介会社」から探す

大手リクルートやパソナ、タイで老舗のパーソネルコンサルタントでは、登録企業数も多く、適職がみつかりやすい一方、ハードルが高いので「英語又はタイ語」での仕事上の会話が必須となることが大半です。言語をマスターしているのならば迷わず大手コンサルタントを使って、できるだけ希望条件に見合う仕事をみつけましょう。

タイにある求人サイトから探す

「SAGASS」というサイトから就職活動をされているタイ在住の日本人の方が多くいます。一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。
サイトURL http://www.sagass.co.th/jp/index.php

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. スカイトレイン(BTS)に乗ろう!

  2. バンコクで大人気の猫カフェ5選

  3. タイスキを食べるなら「MK」と「COCA」がお薦め!

  4. 【保存版】バンコクで日本語書籍を買える書店・古本屋まとめ

  5. バンコクの飲料水事情(水販売機編)

  6. バンコクでアンチエイジング「ポンサリン・クリニック」

  7. 【随時更新中】バンコクのコワーキングスペースまとめ

  8. 【保存版】バンコクの日本語対応の病院一覧

  9. 東南アジア初の本格的な温泉施設「湯の森」

  10. タイ旅行で一度は乗りたい「トゥクトゥク」が勢揃い!

ページ上部へ戻る