バンコクの空港は「スワンナプーム」と「ドンムアン」の2つ

スポンサードリンク

タイの首都バンコクには、2つの国際空港があります。2006年に開港した「スワンナプーム国際空港」と古くからバンコクの空の玄関口となってきた「ドンムアン国際空港」です。どちらもバンコク市内から車で30分程度の距離にあります。自分が利用する空港を間違える人も少なくありませんので、バンコク発着の航空券を購入する際には、必ず確認しましょう。

ドンムアン空港(Donmuang Airport)

dmken1credit:jaunted

ドンムアン国際空港は、スワンナプーム国際空港が開港した後、一度は使用が停止されましたが、すぐに再開され、現在でも利用されています。主に国内線が就航しており、国際線もLCCを中心に就航しています。

donman3credit:donmuangairportonline

チェンマイやプーケットなどの地方都市や、近隣諸国の都市への便で利用することが多いでしょう。

dmaircredit:donmuangairportonline

2つの国際空港の運営体制が定まらず、一時期は就航する航空会社が頻繁に変更されていましたが、現在は「タイ・エアアジア」「ノックエア」「ノックスクート」「タイ・スマイル」「タイ・ライオンエア」「タイガーエア」「Vエア」などが乗り入れています。

スポンサードリンク

スワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)

airport1

スワンナプーム国際空港は、2006年に開港したバンコクの新空港です。入り口に大きな国王の写真がどどーんと掲示されているのが目印です。

airport3

中にはタイの守神のような人形がいます。とても大きいですよ。空港は新しいのでもちろん綺麗です。

airport2

空港の建築デザインはドイツ人が担いましたが、日本の資金協力もあったようです。ここに、「この碑は、スワンナプーム国際空港の建設に関して、日本の協力機構JICAを通じて日本国政府がタイ国際公社に行った資金協力に対して感謝の意を表するとともに、スワンナプーム国際空港の建設工事の施工を記念するために建設されました。」と書いてあります。

まとめ

多くの方が「スワンナプーム国際空港」を使用されると思いますが、くれぐれも間違えないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクで「うどん」を食べられる飲食店まとめ

  2. 日本人「スタイリスト」の居るヘアサロン特集!

  3. 空港を模したデザインが目を引く「Terminal21」

  4. THE FIFTH

    MBKの高級フードコート『THE FIFTH』が多国籍でオススメ!

  5. 【保存版】バンコクの日本人常駐の薬局リスト

  6. Terminal21のフードコート「Pier21」がオススメ!

  7. バンコクの太極拳練功会

  8. インタープレースホテルのスパ「Chantara Spa」

  9. シーロムの「パッポン・ナイトバザール」に行ってみた!

  10. プロンポンのワットポーマッサージに行ってみた!

ページ上部へ戻る