バンコクの洗濯事情「コインランドリーの使い方」

スポンサードリンク

タイでは新築物件には備え付けの洗濯機がありますが、庶民の住宅ではまだまだ洗濯機がない場合もあります。暑いのでTシャツ1枚の人も多く、家で手洗いをして干しておけば、すぐに乾きます。ローカルなエリアで大通りから路地に入ると、軒先で食器も衣服もたらいで洗う様子を時々見かけます。そんな住宅街で普及しているのは、洗濯屋さんです。洗濯、アイロン、乾燥などが別々の料金体系になっているのでやってほしいメニューを予め伝えます。タイの人は何にでもアイロンをかけるようですので、アイロンは人気のメニューのようです。

コインランドリーが増えてきました

laundry3

タイでもコインランドリーの施設が増えてきたそうです。ゲストハウスなどの安宿や、月極契約でもやすいアパートなどでは、コインランドリーを利用することが多いでしょう。

スポンサードリンク

コインランドリーの使い方

laundry1

洗濯から脱水までで、乾燥機能付きの機種はまだまだ少数です。まず洗濯物と洗剤を先に入れます。コインを投入する投入口がありますので必要枚数分の硬貨を入れます。概ね20〜40Bほどが相場のようです。コインを入れた途端に動きだすものがあるので、服を先に入れるようにましょう。おつりは出ないので、硬貨を多めに持って行きましょう。

laundry4

コインを入れると予め設定されたモードで洗濯を開始する洗濯機が多いようです。この機種の場合は「fuzzy」で洗います。プログラムボタンで設定が選べる場合は、下記を参考に設定してみてください。(機種により表示が異なります)

  • fuzzy 綿素材などの洗いに適しています。音が静かに洗えます。
  • soak:浸け洗いを長くする洗い方です。
  • blanket:毛布などの洗いに適しています。
  • quick:25分程で急いで洗います。
  • jeans:色出しを防ぎながらジーンズを洗います。
  • tub dly:ドライクリーニングします。
  • tub clean:強めによく洗います。
  • super clean:60分程かけてよく洗います。
  • eco:水や電力を節減して洗います。
laundry5

洗濯時間は機種にもよりますが、約40分ほどです。大型のアパートなどの場合、昼間は特に混み合いますので、長時間の放置はしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. LETS ASIA インターナショナル・スイミングスクール

  2. BTSプロンポン駅至近、麺類や定食が豊富な「担々麺」

  3. 【保存版】バンコクで日本語書籍を買える書店・古本屋まとめ

  4. タイ当局が選んだ、食中毒になりやすい料理10選

  5. タイ料理の意外な定番!美味しいカレー特集!

  6. 若者の流行の発信地「サイアムセンター」

  7. 【随時更新中】バンコクで見かけたイヌの写真を掲載中!

  8. NaRaYa

    女子のお土産に大人気!バッグ&小物の『NaRaYa』

  9. タイの語学学校一覧

  10. バンコク⇒シェムリアップの直行バス移動とVISAの取得方法

ページ上部へ戻る