バンコクのアパート・コンドミニアムの契約方法まとめ

スポンサードリンク

「コンドミニアム」「アパート」「サービスアパートメント」がある。

バンコク都市部の賃貸マンション・コンドミニアムの特徴

まず、ベッドやソファ、椅子や机といった家具が事前に備え付けられています。レオパレスのより家庭番をイメージしていただけるといいでしょうか。家具は部屋の持ち主であるオーナーの好みによりますので、センスや使い勝手をも含めての物件選択になります。食器類や洗濯機、扇風機などはオーナーや部屋のランクによりあったり無かったりしますので、見学の際に事前事項として申し送りがあります。また、ある程度の価格以上の物件(見た限り都市部では2万B以上、郊外では7000B以上)の物件では、ファシリティーといって、共有施設があります。施設内容はプール、サウナ、トレーニングジム、テニスコート等スポーツエリア、遊具、図書館、ミーティングルーム等で、目的に応じて選ぶと良いでしょう。例えば筆者はインターネットをするので、図書館でも無料のWIFIが入っている物件を選びました。小さなお子さんがいる家族世帯の人は、プールが浅く、遊具があり、警備がしっかりした物件を選ぶでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. タイスキを食べるなら「MK」と「COCA」がお薦め!

  2. ゲートウェイ・エカマイの日本食レストラン一覧

  3. バンコクの洗濯事情「コインランドリーの使い方」

  4. バルムンラード病院の出産パッケージ

  5. タイの語学学校一覧

  6. ディオラ・スイ「静の翠」

  7. 【随時更新中】バンコクのコワーキングスペースまとめ

  8. NaRaYa

    女子のお土産に大人気!バッグ&小物の『NaRaYa』

  9. サイアム・パラゴンの「SEA LIFE オーシャンワールド」

  10. シーロムの「パッポン・ナイトバザール」に行ってみた!

ページ上部へ戻る