バンコクのコンセントの形状は?日本の家電やAV機器は使える!?

スポンサードリンク

タイ渡航前に気になる「タイのコンセント」事情を説明します。

タイの電圧とコンセントの型状

タイの電圧は220V、周波数は50Hzです。日本よりも高圧設定ですので、日本の家電製品をそのままタイに持っていった場合、多くは使用できません。お手持ちの家電製品の裏面に記載の電圧数がタイの電圧数に当てはまっていれば使えます。コンセントの形状は、日本と同じ2つ穴の「Aタイプ」と、丸ピン2つ穴の「Cタイプ」、棒状の穴が3つの「BFタイプ」、3つ穴の「3タイプ」があります。タイでは、Cタイプ以外であれば日本のプラグタイプがそのまま使える形状が多いため「変換プラグ」は必要ありませんので、「変圧器」があると使える製品の幅も広がります。

ホテルのコンセント

socket2Photo by tripadvisor

高級ホテルの場合、旅行者用に部屋に複数の「コンセント」がある場合が多いので困ることは少ないです。無い場合は、予めホテルに変換プラグがあるかを聞いてみましょう。洗面所の「Aタイプ」であれば、110ボルトのものが多いので、携帯の充電くらいならできるでしょう。日本人経営のゲストハウス等であれば変換プラグは借りることができますし、カオサン等の外国人の多い場所は丸ピン2つ穴の「Cタイプ」がよく見られます。

スポンサードリンク

コンドミニアムのコンセント

コンドミニアムでは、3つ穴の「Dタイプ」がよく使用されています。プラグ先は丸でも四角でも入りますが、電圧は220Vですので注意が必要です。コンドミニアムでは、家電(冷蔵庫、エアコン、電子レンジ)が備え付けられている所が多いですが、日本から引っ越しされる場合、更に必要な家電(掃除機、プリンター、ドライヤー、炊飯器)はタイで購入された方が良いでしょう。タイではSHARPやPanasonic等、日本を代表する家電メーカーの製品も揃います。

デジタルカメラや携帯は使える?

デジタルカメラや携帯等の精密機器の場合、100~240Vまで対応可能な物が多いので、事前に取り扱い説明書や裏の表記で確認をしてみてください。お手持ちの家電の充電器の裏面に「100~240V、50~60Hz」等の記載があれば、タイでの電圧範囲内ですので、対応しています。

パソコンの充電はどうする?

macPhoto by Apple

パソコンは、世界各国で使える様、設計された製品が多いので、古すぎるものでなければ問題無いでしょう。バックパッカーでは「Apple社」の「iPhone」や「Mac」製品を持って海外に行く方が多いのですが、Appleの製品はタイで問題無く使用できます。タイの3つ穴のタイプにAppleの「Aタイプ」のコンセントを直接入れてください。

電圧関係で持って行くとしたら?

「変圧器」や「全世界(150ヶ国以上)対応の変換プラグ」「USBからのコンセント用アダプター」があるとどんな時でも安心です。旅行であれば、日本の旅行用品店や通販で、各国対応のプラグやどの国でも対応できる「折りたたみ型の変圧器」が1700円〜2500円で売っていますので、店に置いてある表と見合わせるか店員に聞けば間違いありません。もちろん、タイに着いてからの購入もできます。

gocon2Photo by gocon

gocon1Photo by gocon

Photo by travelandresting

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクの宅配弁当サービス一覧

  2. 金氣功と鍼治療専門の「つぼやクリニック」

  3. バンコクの32階ホテル「ル・アパート」のラウンジ

  4. BTSオンヌット駅前のほくほく「甘栗屋さん」

  5. 55階のルーフトップバー「レッドスカイ(Red sky)」

  6. 黄色いプリウス「オール タイ タクシー(ALL THAI TAXI)」とは

  7. バンコク観光の定番「ソンブーン・シーフードレストラン」

  8. 日本人「スタイリスト」の居るヘアサロン特集!

  9. バンコクで大人気の猫カフェ5選

  10. 高級ホテルのアフタヌーンティー一覧

ページ上部へ戻る