カラフルなバンコクのタクシーは何色がオススメ!?

スポンサードリンク

バンコクに来るとタクシーの多さに驚きますよね。様々なカラーのタクシーが走っていて、タクシーのカラーによって利用者の印象も異なります。バンコクのタクシーでは、「メーターを使わずにボッタクリをする」「メーターを改造して料金アップのスピードを早める」「行きたくない場所を言われたら乗車拒否する」「わざと遠回りして高額請求する」などの問題が跡を絶ちません。タクシーに乗車して不快な思いをした人も多いのではないでしょうか。

もちろん、最終的には個々の運転手の性格や人間性によりますので、一概にタクシーのカラーだけで判断することはできませんが、バンコク在住の複数の日本人の意見も参考に、タクシーのカラー別のイメージをご紹介します!

比較的サービスの良いブルー

taxi07

わりと良心的で、きちんとしたサービスを提供してくれると評判なのが、ブルーのタクシーです。他のカラーのタクシーに比べ、トラブルも少ないイメージがあります。

珍しいグリーンのタクシーも評判良し

taxi04

グリーンのタクシーは数が少ないので、あまり見かけませんが、良い運転手が多い印象があります。

イエローのタクシーの評判はそこそこ

taxi05
グリーンほど少数派ではありませんが、それほど多くは見かけません。運転手の対応はそこそこ。

スポンサードリンク

平均的な接客の印象のピンクのタクシー

taxi08

ピンクのタクシーは数も多いので、乗車する機会も多いでしょう。運転手の接客は、バンコクのタクシーでは平均的な印象です。メーターを使おうとしない運転手もいますが、きちんと言えば使ってくれることが多いでしょう。

評判の悪い緑と黄色のツートンカラー

taxi01

緑と黄色のツートンカラーのタクシーは個人タクシーです。個人タクシーの運転手の収入は、タクシーのレンタル代とガゾリン代を引いた残りです。そのため、法人タクシーの運転手と比べると、メーターを使わずにボッタクったり、わざと遠回りをして料金を釣り上げたり、悪質な運転手が多いです。どうしても他のカラーのタクシーが捕まらない場合を除いて、乗らないほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

大型のタクシー

taxi02

5人以上乗れる大型のタクシーもあります。空港では重宝しますね。大型タクシーは政府が無担保のローンを組める制度を作った時期に一気に増えました。

メーターを使うタクシーが見つからない場合は・・・

BTSやMRTの営業が終わった深夜、雨が降っている時、繁華街や観光地の目の前、などの状況では、悪徳タクシーが集まってきますので、メーターを利用するタクシーが見つからない場合が多いでしょう。 急ぎの場合などは、2〜3台と交渉して、最も料金の安いタクシーに乗る妥協も必要かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクの荷物預かりサービス、コインロッカー一覧

  2. スワンナプーム空港直近の「ノボテルホテル」

  3. パタヤ市内の移動方法「タクシー」「ソンテウ」「バイク」

  4. バンコクのショッピングモール「シーコンスクエア」

  5. ターミナル21のステーキレストラン「サンタフェ・ステーキ」

  6. 61階の「バーティゴ・アンド・ムーンバー」

  7. タイのデコレーション「ケーキ」の写真を大公開!

  8. 美容点滴や腸内洗浄のできる「ASIA HERB CLINIC」

  9. 【随時更新中】バンコクで見かけたイヌの写真を掲載中!

  10. タイで過ごす際の基本マナー5選

ページ上部へ戻る