バンコクの庶民の足「路線バス」の乗り方をご紹介!

スポンサードリンク

バンコクには、タクシー、トゥクトゥク、BTS、MRTなど、非常に沢山の移動手段があります。今回はその中でも、最もローカル色が強く、最も安価な移動手段である「路線バス」の乗り方をご紹介します!

路線も複雑で英語表記も無いことから、日本人には分かりにくく、まだ乗っていないという方も多いのでは!?路線バスは、乗り方のコツさえ掴んでしまえば、とても安価に移動できますし、地元に根ざしているようで何だか楽しいですよ。

まずは路線図を確認しよう!

bus9

バンコクでは、バスの路線図が大変役に立ちます。バス停には地図が無いので、予め目的地へ行くバスの番号を複数確認しておきましょう。こちらの冊子は、バンコク市内の日本語書店で120Bで購入できます。

【保存版】バンコクで日本語書籍を買える書店・古本屋まとめ

バス停でバスを待とう!

bus5

この写真のマークがバス停の目印です。日本と似ているのですぐに分かりますね。乗りたいバスの番号が記載されているかをしっかり確認しましょう。印字が薄くなっている場合もありますので、よく確認してください。

bus3

運賃は、窓の開いたエアコン無しのバスが7B〜、窓を閉めきったエアコン付きのバスが13B〜です。乗客が多い場合は、できるだけ小銭か100B以下の小額紙幣を持っておくと良心的ですね。

bus1

バンコクの路線バスは、乗客がアピールしなければ、バス停でも通り過ぎていきます。自分の乗るバスの番号を決して見逃すわけには行かない仕組みです。「いつ来るのだろう」と、皆さん同じ方向を向いて待っているのが常です。

スポンサードリンク

バスが来ました!安全に乗りましょう!

busmovie3

バスが来ると、乗車する皆さんは一斉に立ち上がります。バスに乗ることを最大限アピール、手をあげたり振ったりします。そうでもしないとサーッと通り過ぎてしまうこともしばしばです。

busmovie1

待ってくれー!!願いが通じればバスはきちんと止まってくれます。急ぎ足で乗り込む乗客の様子が印象的ですね。慣れない皆さんはこれに続くように乗ってください。あくまでバスは地味に動いていますので、入り口の棒をしっかり掴んでこけない様に乗り込んでくださいね。

【動画】バンコクの路線バスは乗るだけでも大変!

bangkok-bus

路線バスは必ずしも歩道側に停車するとは限らず、大通りの中央寄りの車線に停まることも珍しくありません。車には、バスに乗ることをアピールしながら注意して道路を横断し、無事乗車してください。

スポンサードリンク

バスの中に入ったら切符を買おう!

bus2

席は自由です。制服を来た乗務員が料金の徴収に来ますので、行き先を伝え、指定の金額を払いましょう。

bus6

支払いを終えると切符を貰えます。出る時に必要なわけではありませんが、レシートの様なものですので、スタッフが確認したい時にすぐに取り出せる様にしておきましょう。

バスを降りるときはどうする?

特にアナウンスなどはありませんので、窓から外の風景や看板を見ながら降りる場所を決めます。バス中央の出口にボタンがありますので、「ジジジー」と鳴らして次に降車することをアピールしましょう。これまたバスは完全には停車しないこともあるので、「えっ!」と思うかもしれませんが、素早く降りないと走りだしてしまいます。元気がある場合はささっと降りましょう。足の不自由な方や、体力に自信が無い方は、バス以外の交通手段がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. 若者の流行の発信地「サイアムセンター」

  2. 倉庫跡地のNEW観光地!「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

  3. バンコクの太極拳練功会

  4. バンコクで買う「お土産」一覧とお薦めスポットまとめ

  5. 【随時更新中】バンコクのコワーキングスペースまとめ

  6. プロンポンのドッグカフェ「The Barkyard」に行ってみよう

  7. バンコクの日本語書店で一番品揃えが良い「紀伊國屋書店」

  8. バルムンラード病院の出産パッケージ

  9. バンコクのお薦め観光スポット7選

  10. 【保存版】バンコクの日本語対応の病院一覧

ページ上部へ戻る