BTSスカイトレインで「ラビットカード」を使ってみよう!

スポンサードリンク

BTSスカイトレインに乗る際に便利なものといえば、日本のSUICAやPASMOのような仕組みのICカードである「ラビットカード」です!バンコク在住日本人の多くがラビットカードを持っていますが、旅行者でも1〜2週間以上の長期滞在をするなら、作っておいた方が便利です。

この記事では、少し複雑な「ラビットカード」の仕組みと使い方についてご説明します。黄緑と紫はバンコクに住む学生用とシニア用ですので、多くの日本人がオレンジの大人用カードを買うことになります。

「ラビットカード」の購入方法

BTS3

「ラビットカード」は同じ1枚カードで「チャージ式」と「回数券式」の使い方から選択でき、1枚で2種類の利用法を併用することもできます。「回数券式」は使用期間が30日と決まっているのではじめは「チャージ式」を利用するのが良いかもしれませんね。両方ともカードの発行はBTS駅構内の窓口で可能です。

BTS4

ラビットカードを購入する際には、合計200B(発行手数料50B、デポジット50B、チャージ金額100B)が必要です。発行時点で100Bがチャージされているので、すぐに利用開始することができます。また、発行手数料は戻ってきませんが、デポジットの50Bに関しては帰国の際にカードを返却すると戻ってきます。

チャージ式

BTS駅構内の窓口に行き、仮に500Bチャージする場合は、「500 Bahts chaege please!」などと英語で言えば通じます。窓口のタイ人のスタッフは英語が得意ではありませんので、文法的な正しさよりも、シンプルに伝えることが大切です。しばらくチャージ式で使ってみて、利用頻度が多くなりそうであれば、長期滞在の方は回数券式に変更しても良いでしょう。

回数券式

遠くへの乗車回数が多くなりそうな方には回数券式が便利です。
購入分の金額が増える毎に1回あたりの金額が安くなるので嬉しいですね!

乗車回数購入金額1乗車当たりの運賃
15回405B27B
25回625B25B
40回920B23B
50回1100B22B

スポンサードリンク

「ラビットカード」を使った乗車方法

BTS15

乗車方法は簡単です。改札上部にラビットカードと同じ絵柄のついた場所がありますので、カードをタッチするだけです。ゲートが開いたらすばやく通ります。間違ってカードを1回券と同じ場所に差し込まないようにしましょう。改札から出るときも同じようにカードで電子画面をタッチします。日本のIC乗車券(SUICAなど)と同じ方法なので、日本人であれば迷うことはないでしょう。ただ、日本のIC乗車券と違って、センサーの反応が良くないので、財布に入れたままだと反応しない場合があります。

ラビットカードの案内用看板

BTS18

こちらが構内にあったラビットカードの説明の看板です。タイ語ですがわかる方はぜひご覧下さい。

スポンサードリンク

carrotでクーポンをゲットしよう!

BTS19

窓口にある専用用紙またはネットから「キャロット」にカードを登録すると、クーポン発行などのサービスを受けることができます。

「carrot」への登録URLはコチラから

ポイントははじめの100Bのチャージで1ポイント。あとは使う毎にポイントが貯まっていく仕組みで、ポイントが沢山貯まればサイト上で商品などと交換できます。

ただ、ポイントはかなりゆっくり貯まっていくので、短期旅行者が特典を受けることはできないでしょう。

BTS20

BTS構内にクーポン用の専用機械があります。飲食店やショップのクーポンボタンはこちら。ときどきクーポン発行のショップは入れ替わりますが、大抵マクドナルドなど、同じところがメインです。

バンコクの路線図

下記の路線図も参考にしてください。

rootmap1

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクのコンセントの形状は?日本の家電やAV機器は使える!?

  2. バンコク⇔パタヤの移動手段は「バス」と「電車」の2通り

  3. パタヤ市内の移動方法「タクシー」「ソンテウ」「バイク」

  4. シーロムの「パッポン・ナイトバザール」に行ってみた!

  5. 【保存版】バンコクの日本人常駐の薬局リスト

  6. スカイトレイン(BTS)に乗ろう!

  7. 写真で観る「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

  8. バンコクの32階ホテル「ル・アパート」のラウンジ

  9. タイのデコレーション「ケーキ」の写真を大公開!

  10. サイアム・パラゴンの「SEA LIFE オーシャンワールド」

ページ上部へ戻る