バンコクの日本語書店で一番品揃えが良い「紀伊國屋書店」

スポンサードリンク

バンコクには日本人が常時10万人以上も滞在していますので、日本語の書籍や雑誌を購入できる店舗は豊富にあります。その中でも、最も品揃えが良いのが、「紀伊國屋書店」です。

紀伊國屋書店は、BTSチットロム駅直結の伊勢丹、BTSプロンポン駅直結のエム・クオーティエ、BTSサイアム駅直結のサイアムパラゴンの3箇所ありますが、日本語書籍を取り扱っているのは、伊勢丹とエム・クオーティエの2箇所だけです。

紀伊國屋書店の日本語書籍の品揃えは?

「紀伊國屋書店・伊勢丹バンコク店」には、英語、タイ語、日本語の本がずらり。計10万冊以上の本があり、辞書から図鑑、子供用の本まで揃います。売り場面積の半分ほどが日本語書籍のブロックで区切られており、週刊誌や新刊雑誌の一部が日本での発行から1週間以内に店頭に並びます。話題の新刊や文庫も豊富な品揃えです。専門書などの品揃えは日本の大型書店には叶いませんが、多くの在住日本人のニーズを満たす品揃えになっています。

また、2015年3月末にオープンしたエム・クオーティエ店は、向かいの旧エンポリアム店から移転したのを機に、日本語書籍の取扱を開始しました。これまでバンコク最大の日本語書籍の品揃えを誇った伊勢丹店よりも、更に大きなスペースを日本語書籍に割いており、日本人には非常に便利になりました。

本の価格はどのくらい!?

本の価格は、「輸入品」という扱いの為、定価より高額になります。円/バーツの為替レートにもよりますが、30〜50%ほど割高だと考えて下さい。但し、入荷数の多い新刊などを中心に「20%OFF」のシールが貼られており、その場合は日本よりちょっと高い程度の金額です。

サービス面は?

受付で手続きをすれば、日本の書店と同様、商品の無料「お取り寄せ」や「お取り置き」も可能。タイ在住者用のフリーペーパーも各種常置してありますので、全種類持ち帰りたい場合はこちらも便利です。

スポンサードリンク

紀伊國屋書店へのアクセス

伊勢丹店へのアクセス

kinokuniya3

紀伊國屋書店・伊勢丹バンコク店は、セントラルワールドプラザの一番奥にありますので、BTSチットロム駅から行くことが出来ます。写真はセントラルワールドプラザ側から撮影したものです。紀伊國屋書店は伊勢丹6階にあります。同じフロアには日本の飲食店が並ぶ「伊勢丹ごちそう通り」があり、一つ下の5階には日本食を豊富に取り揃えたスーパーマーケットもあります。

エム・クオーティエ店へのアクセス

BTSプロンポン駅から直結のエム・クオーティエ3階にあります。ユニクロの1つ上のフロアになります。エンポリアム店が閉店して、エム・クオーティエ店に移転オープンしていますので、間違ってエンポリアムに行かないようにご注意下さい1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. 【随時更新中】バンコクの屋台・露店の写真を集めてみた!

  2. バンコクの荷物預かりサービス、コインロッカー一覧

  3. タイで観光できるリゾート島一覧

  4. チャオプラヤ川沿いにある「アジアティーク」に船で行こう!

  5. バンコクでアンチエイジング「ポンサリン・クリニック」

  6. タイ・スワンナプーム国際空港からの出国(帰国)

  7. バンコクで大人気の猫カフェ5選

  8. バンコク市内のお薦め外貨両替ショップ一覧

  9. バンコクのスケートリンク「The Rink」

  10. インタープレースホテルのスパ「Chantara Spa」

ページ上部へ戻る