タイバンコクでペットと快適に暮らす方法

スポンサードリンク

ペット可の住宅はバンコクの物件では少なく、タイでペットを飼いたい人、日本から大切なペットを連れて行きたい人には情報収集が必要です。ここでは動物病院やペット用の公園等を紹介していきます。

ペットの散歩場所は?

バンコクでは、ペット立ち入り禁止の場所も多く、罰金を500B以上とられることもあります。かといって、道路は不衛生で心配。1番良いのはドッグランの併設された広いコンドミニアムを借り、複数の散歩スポットを予め決めておくことです。犬と一緒にお散歩できる施設を3つ紹介します。

The berkyard

dogcafe9

犬のプールやホテル、走り回れる広場があり、飼い主は食事もできます。

The berkyardの記事はこちら→ http://bkklife.info/entertainment/the-barkyard/

K VILLAGE

k1Photo by kvillagebangkok

ペットフレンドリーな広い敷地は緑の木々に囲まれ、とても居心地が良いです。ショップが沢山あり、1日中楽しめますよ。

  • アクセス:クロントン スクンビット26 93,95
  • 電話:02-258-9919
  • 営業時間:10:00~23:00
  • サイトURL:http://www.kvillagebangkok.com/

OZONO

ozono1Photo by ozono

    スクンビットソイ39にあるショッピングモールです。芝生が広がり、ドッグランができる設計で、ペットの喜ぶ空間です。

  • アクセス:BTSプロンポン駅からタクシーで10分 スクンビット ソイ39 307
  • 電話:02-259-2788
  • 営業時間:入居している店舗によって異なります。
  • サイトURL:http://www.ozono.us/index.htm

タイでペットが罹りやすい病気は?

道路を歩かせる場合、感染症と皮膚病に注意が必要です。毛が抜けたり、発疹が出ている場合は早めに獣医に診てもらった方が良いでしょう。室内では、滑りやすいフローリングが多く、関節に負担がかかります。滑っている様子を見たら炎症が起きていることもあるので、時々みてあげましょう。床に滑り難いシートを置くと予防になります。散歩が終わった後は、足を洗ったりシャワーをし、ドライヤーの弱で乾かしてあげましょう。濡れていると菌が繁殖します。ノミやダニ除去とフィラリア予防は毎月行ってください。定期的に健康診断を受けることも、病気の早期発見に繋がります。

日本語対応のある動物病院

thonglorpetPhoto by thonglorpet

トンロー動物病院

  • トンロー動物病院には、日本語の通訳が居るので、病気を伝える際も安心です。
  • サイトURL:http://www.thonglorpet.com/faq.php

チャルーンスック動物病院(Charoensuk Animal Hospital)

日本人の獣医師が毎週火曜日の9:00〜17:00に診察をしていますので、初診の際は事前に連絡をしてください。

  • アクセス:BTSエカマイ駅 スクンビット63 ソイ69
  • 電話: 66-2391-9707
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. タイの隣国「ラオス」ビエンチャンに行こう!

  2. 美容点滴や腸内洗浄のできる「ASIA HERB CLINIC」

  3. おすすめ!バンコクローカルな人気の水上マーケット「クロンラッド」

  4. バンコク郊外の「水上マーケット」3箇所をご紹介します!

  5. タイでの突発的なトラブルに備えて

  6. バンコク最大規模の高級デパート「サイアムパラゴン」

  7. バンコクのショッピングモール「シーコンスクエア」

  8. タイシルクの最高峰「ジムトンプソン」のアウトレットに行こう!

  9. プロンポン駅近くの飲食店「キッチン新潟」

  10. バンコクの宅配弁当サービス一覧

ページ上部へ戻る