バンコクの雨季ってどんな感じなの!?

スポンサードリンク

タイの気候はモンスーン気候です。四季がある日本とは違い、1年が「雨季(6月〜10月頃)」「乾季(11月〜2月頃)」「暑季(3月〜5月頃)」の3つの季節に分かれます。乾季はライターの火が瞬く間に高く燃え上がるほど乾燥しており雨は殆ど降りません。暑季はタイで最も暑い季節で、ソンクラーン(水かけ祭り)が行われるのもこの時期です。雨季には信じられない程の雨が降ることもありますが、日本の梅雨のように1日中降り続けることは稀で、1日に2回ほど、短時間のスコールが降るのが一般的です。

雨季に観光はできる?

rain4

雨季は雲が多いので、日差しの強いタイではむしろ歩きやすい季節と言えるでしょう。空に注意を払っていれば、雲行きが怪しくなってきたらすぐに気付くので、突然雨に見舞われることはないでしょう。30分〜1時間ほどで降り止むことが多いので、ショッピングセンターなどで雨宿りすると良いでしょう。

BTS(スカイトレイン)やMRT(MRT)などの公共交通機関の発達したバンコクでは、雨季の移動にもそれほど困ることはありませんが、地方都市に観光に出掛ける場合は、道路が冠水してトゥクトゥクもバイタクも動かなくなる場合もあります。雨季に短期旅行で地方に行く場合は、旅行会社のツアーなどを利用した方がトラブルが少なく快適に楽しめるでしょう。

rainy1credit:blog

タイの降水量

rainy2

降水量のグラフです。数字だけ見ても分からないと思いますが、日本に比べると、9月は3割増しほどの雨が降ります。例年、6月からやや雨が降り出し、7月の下旬からはグラフが右肩上がりですので、雨季への備えと心構えが要るでしょう。タイのアパートやコンドミニアムの多くが、浴室の位置ば窓側ではなく室内の奥にあります。そのため、日本ほどではありませんが、湿気でカビが生える可能性がありますので、頻繁に換気扇を回すなどの対応が必要になります。

スポンサードリンク

雨季の服装と備え

rain6credit:mynameisharsha

雨季の場合、いつ雨が降るか分かりませんので、折りたたみ傘は常に所持しておいた方が良いでしょう。足場は、元々歩きにくい上に雨が大量に降ると更に歩きにくくなります。吸水性の高い素材の靴やサンダルは履かず、濡れても大丈夫な履物か長靴を履き、履き替え用の靴と靴下を持ち歩くと良いでしょう。。

タイで定期的に起こる洪水

rain8credit:telegraph

数年に1度発生するタイの洪水ですが、タイ人は慣れている事も多く、あまり深刻な様子はありません。ただし、負傷者や死亡者も多く出ており、消して笑顔で見られる風景ではありません。ここ数年で最も被害が大きかった2011年の洪水では、被災者が300万人にものぼったと言われています。日本人が多く居住するエリアでは、深刻な洪水の被害を受けることはありませんが、雨季にバンコク郊外や地方に出掛ける時は注意が必要です。

まとめ

何事も備えあれば憂い無しです。周りが傘を持っていなくても傘の所持を。靴も新品ではなく汚れても良いものを。履き替え用の靴下やタオルなど、雨季に備えて出かける準備をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクでの生活費を物価とタイプ別にご紹介!

  2. タイバンコクでペットと快適に暮らす方法

  3. タイスキを食べるなら「MK」と「COCA」がお薦め!

  4. デザイナーズホテル最上階の「ザ・ルーフレストラン」

  5. リーズナブルなとんかつ専門店「KATSU KING」

  6. バンコクの日本語書店で一番品揃えが良い「紀伊國屋書店」

  7. NaRaYa

    女子のお土産に大人気!バッグ&小物の『NaRaYa』

  8. バンコクで大人気のカリプソ・キャバレー・ショーに行こう!

  9. タイシルクの最高峰「ジムトンプソン」のアウトレットに行こう!

  10. バイヨークスカイタワーの高層階「ビュッフェ」

ページ上部へ戻る