トンローからプロンポンまで歩いて物件見学に行ってみた!

スポンサードリンク

商業施設と日本人居住者の多いトンローからプロンポンまでの道を1時間ほどかけて歩いてみました。写真や地図だけではなくその土地を歩くことで土地勘が付きます。利便性や部屋の間取りなど、トンローからはどのようなものがあるのかを散策してみました。(プールの景色は3番目に行った物件の屋上の景色です。)

【1件目】駅から徒歩1分の好立地物件

serviceap03

駅から2枚も看板が見える駅近物件です。

serviceap04

serviceap05

こちらはエントランスですね。車や観葉植物があります。

serviceap07

部屋です。思ったより狭いです。安価でキッチンは付いてないので調理をしない単身の方に向いている部屋ですね。テレビと冷蔵庫がついています。

【2件目】駅から徒歩2分の満員物件

serviceap02

こちらはよくフリーマガジン等に広告の出ている格安物件です。

serviceap01

残念ながら満員で、見せて頂ける部屋も予約できる部屋もありませんでした。人気なのですね。

スポンサードリンク

【3件目】新築高級マンション2部屋

serviceap08

まだ新しく、外観が良かったので入ってみました。事務所付きのエントランスからして綺麗です。

serviceap09

グリーンの見えるスペースには真新しいスポーツジムがあります。わくわくしますね。

serviceap10

部屋は15種類ほどの価格帯に別れており、30㎡から100㎡までのランクがあります。

serviceap11

serviceap12

部屋の中に洗濯機が付いていて便利です。はじめから部屋に設置されているところは多くないので助かります。

serviceap13

serviceap14

serviceap16

キッチンの台が広くて使いやすそうですね。

serviceap15

部屋の内装はどこをとっても綺麗です。家族で住むなら高額にはなるでしょう。

serviceap20

屋上にはプールも芝生もあったので快適です。

スポンサードリンク

【4件目】2ベッドルームでとにかく広い物件

serviceap23

割と日本人の若者夫婦の多い物件を見つけました。

serviceap22

プールも綺麗ですね。

serviceap24

タイで多いスタイルの1つとして、2ベッドルームや3ベッドルームというものがあります。とにかく広い。

serviceap25

serviceap27

風通しも良さそうで、治安も良さそうですね。

serviceap26

キッチンも充実しています。この物件の築年数はそれなりにありそうでしたが警備もあって安心ですし、行きたい場所まで車で送ってくれるサービスがあるそうですよ。

スポンサードリンク

【5件目】リビングが広い物件

serviceap36

マンションの入り口に日本語で看板があったので入ってみました。

serviceap38

深そうなプールがあります。

serviceap37

1Fのモデルルームを見せてもらいました。

serviceap34

写真では伝わりにくいのですが、とにかく一部屋が広かったです。

serviceap35

serviceap32

serviceap33

シャワーだけのところも多いタイですが、浴槽が付いているのは嬉しいですね。

トンローからプロンポンまで、大回りで歩いても大した距離ではありませんでした。いろんな駅周辺の物件を散策してみたいものです。歩けばきっと、グッとくる物件が見つかるような気がします。

まとめ

バンコク市内には、日本人が経営する日本人向け不動産会社が複数あります。最終的に業者を利用するのも良いと思いますが、まずは自分の足で歩いてみて、周辺環境なども確認しつつ、直接幾つかの物件を見て回ることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクの雨季ってどんな感じなの!?

  2. THE FIFTH

    MBKの高級フードコート『THE FIFTH』が多国籍でオススメ!

  3. 空港を模したデザインが目を引く「Terminal21」

  4. 写真で観る「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

  5. BTSプロンポン駅至近、麺類や定食が豊富な「担々麺」

  6. オンヌットスクエア

  7. タイのデコレーション「ケーキ」の写真を大公開!

  8. 外国人にも地元民にも大人気の庶民派デパート「MBK」

  9. 黄色いプリウス「オール タイ タクシー(ALL THAI TAXI)」とは

  10. 日本のLOFTも入居する「サイアムディスカバリー」

ページ上部へ戻る