プロンポンのエンポリアム2「エム・クオーティエ」に行ってみよう!

スポンサードリンク

バンコクの高級デパートの代表格であるプロンポンのエンポリアム。その向かいに通称エンポリアム2と呼ばれる「エム・クオーティエ」が開業したので、早速行ってみました!現状はソフトオープンですが、既に多くのお店がオープンしていて、多くのお客さんで賑わっています。

エンポリアム2の建物

em2

外観です。BTSからは直結しているので行きやすいですね。

em8

構造としては、3つの建物が中庭を通じて通路で繋がっています。

em12

見取り図ですね。

日本人に馴染みのある店舗

em3

日本人がよく足を運ぶとすれば、「ユニクロ」でしょうか。タイの方が、看板ロゴの前で記念撮影等をしていました。

em20

お待ちかねの「紀伊國屋書店」。かなり広く、日本語書籍コーナーも充実しています。これまでエンポリアムに入居していた店舗が、新ビルに移転した形です。旧店舗では日本語書籍は扱っていませんでしたが、今回はかなり広いスペースで日本語書籍を扱っています。品揃えとしては、伊勢丹の紀伊国屋を越えた感じです。

em4

一眼レフカメラの専門店です。ニコンやキャノンを置いています。

em9

ファッションブティックも充実。高級店舗とリーズナブルなブランドが、建物で住み分けしています。

スポンサードリンク

エンポリアム2の最上階

em5

1番上の階では、会員制のスポーツジムもあります。

エンポリアム2のフードコーナー

em7

地下には、「フードホール」やバーガー等の軽食を食べることができるテナントが多く入っています。フードホールのカードは当日のみ有効ですので、お帰りの際は「リファンド」を忘れすに。

em15

「銀だこ」です。4。6、10個でたこ焼きを買えます。

em16

スポンサードリンク

日本のオムレツ屋さん、「ポムの樹」です。

em19

うどん屋さんです。メニューは100B台からあります。

em14

アイス専門店やケーキ専門店、カフェもあります。

em13

ジューサー屋さんもあります。フルーツの組み合わせによりますが、60〜80B前後です。

エンポリアム2 「エム・クオーティエ」基本情報

アクセス:BTSプロンポン駅2番出口から直結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. インタープレースホテルのスパ「Chantara Spa」

  2. バンコクで大人気の猫カフェ5選

  3. タイ当局が選んだ、食中毒になりやすい料理10選

  4. タイで観光できるリゾート島一覧

  5. BTSスカイトレインで「ラビットカード」を使ってみよう!

  6. タイで過ごす際の基本マナー5選

  7. ディオラ・スイ「静の翠」

  8. 身体の歪みや痺れを改善!バンコクの「J-ClLINIC」

  9. オンヌットのsoi77/1「マッサージ通り」でマッサージ体験

  10. 日本人にも大人気のトンローSoi38屋台街に行ってみた!

ページ上部へ戻る