100バーツを持ってプラカノン市場に行ってみた!

スポンサードリンク

野菜や果物、生鮮食品いえば「市場」ですよね!さて、今回は100B札1枚だけを持って、プラカノン市場に買い物に行ってみました。100Bでどれだけの野菜や果物を買うことができるでしょうか。早速、今回の戦利品は上の写真の通りです。1時間ほど市場内を歩きまわって、ちょうど100Bで買ったものたち。全体的にスーパーマーケットの半額くらいの値段でした。

では、市場を散策した際の様子を写真を交えてご紹介しますので、ぜひ御覧ください!

野菜や果物を買うなら市場が一番!

Phra-Khanong-Market-06

プラカノン市場の入口付近には衣料品を販売する店が多いのですが、ずんずん奥に進んでいくと、果物や野菜など食料品を販売する店が出てきます。早速、赤々とした唐辛子を発見。きれいですね。タイのひとは結構な量の唐辛子を料理に使うことが見てとれます。これがおいくらかというと、、、

Phra-Khanong-Market-11

1盛りあたり10Bです。お安いですね。赤青黄色の唐辛子の混ぜ具合で好きなお皿を選べます。右にいくほど辛そうですね。

10Bや20Bで買える野菜がたくさん!

Phra-Khanong-Market-12

といことで、10B続きで野菜をご紹介。右に大きなキュウリがあるのは分かるのですが、左側の丸い野菜たちは何でしょう・・・?食べ方が全くわからないので買いませんが、茄子やうりの中間の予感がします。とれたて野菜なので生でいけそうですね。右上に写っている緑の葉っぱですが、これは「ほうれん草をください」と言ったところ、この野菜を指さされました。何度も店員さんに確認した結果、これが「ほうれん草」だということになったのですが、これはほうれん草ではありません。笑

Phra-Khanong-Market-05

こちらのご婦人からはとうもろこしを買いました。歩いていると良いにおいがしたんですねーこれが。写真には20Bとありますが手前の札には10Bと書いていましたので、手前の小さい物を1個だけちょうだいと伝えました。すると婦人は3つのとうもろこしを袋に入れてくれました。「え!!そうか、3つで10Bなのか」と驚き。手前の小サイズが3つで10B、奥の大きめのとうもろこしが3つで20Bです。買うときに塩水?に浸けるかどうかを聞かれました。どんな水か分からず安全性も不明だったので、今回はそのまま持ち帰りました。ここは婦人も親切なのでリピートの予感です。

Phra-Khanong-Market-03

みずみずしいトマトを食べたいと思っていたので、トマトを見つけて購入しました。店員さんに聞くと、こちらも1かご4つで10Bです。日本のトマトよりはやや縦長く、西洋のトマトに近い形です。ちょっと黄色い部分もあるので、置いて数日経ったら熟れてちょうど美味しくなると思います。私が買ってすぐ、その場で新しいトマトをかごに盛っていました。いつも見栄えが完璧な状態にしてるのですね。

Phra-Khanong-Market-08

このお店で1番驚いたことは、店員さんがいかにも中学生くらいの少女だったことです。きっと両親の手伝いで店に立っているのでしょうね。テキパキと次々にお客さんの対応をしていました。偉いですね〜。ちなみにキャベツは20Bでした!

Phra-Khanong-Market-10

ここのフルーツ屋さんでは、マンゴーを購入しました。1キロ100Bの量り売りで、今回は1個30Bで購入しました。市場で売られているマンゴーは傷があるものが多いのですが、その分、価格も安いのでお得です。同じサイズのマンゴーでも、伊勢丹バンコク店では100バーツ近くしました。

スポンサードリンク

とれたて卵、肉、魚も市場に並んでいます!

Phra-Khanong-Market-09

料理に毎日といっていいほど使う「たまご」が20〜45Bで売られていました。冷蔵庫にどれだけあっても困らないので購入。タイではスーパーでも市場でも、白い卵よりも茶色の卵のほうが多いように感じます。店主は卵が割れにくいように空気を入れてパッケージしてくれています。実に器用なアイデアですね。価格はサイズにもよりますが、10個で40〜45B、5個で20〜25Bとのこと。今回は、市場で卵を購入するのが初めてだったので、少なめに5個20Bの袋を購入しました。スーパーの卵と大きく価格が違うというわけではありませんが、市場で購入すると新鮮な気がしますよね。

Phra-Khanong-Market-14

量り売りの肉屋さんです。鶏が丸1匹づつ売っているところもありますが、この写真くらいにカットした状態やブロックになっていると庶民としては買いやすいですね。タイは通年温かいので肉の陳列にも一工夫必要そう。大胆なブロック状の肉がその場で買えるのも市場ならではの良さです。

Phra-Khanong-Market-07

魚やイカ、エビは、氷と一緒に陳列されている物が多いですね。ぴちぴちと跳ねて生きているナマズもいて新鮮さが伝わりました。このお店はきちんとパラソルをしていて日が照らないようにしていますね。中ぶりの魚とエビが人気のようです。

Phra-Khanong-Market-13

笑顔の店員さん。ときどき遊びに来ますね〜♪

市場では衣料品や雑貨も売られています!

Phra-Khanong-Market-02

実はプラカノンの市場では、食料品だけでなく、布などの衣料品、雑貨、小物などの日用品も売られています。かなり綺麗に陳列しているので安易に触るのは避けたほうがいいでしょう。艶やかな布地が多く、ついつい見とれてしまします。

Phra-Khanong-Market-15

く、くつがぶらさがっています!1足づつ紐についた洗濯ばさみで天井に吊るされています。これは日本では見かけない陳列方法ですね。棚が不要でかつスペースに無駄がありません。試着で履きたいときにも洗濯バサミから取り外すだけです。この靴屋さんは、結構奥まで広いのですが、奥までずっと靴がぶら下がっていました。ぶらさがり陳列は湿気やカビ対策にもいいのかもしれませんね。

Phra-Khanong-Market-17

日用雑貨を雑多に並べているだけなのですが、カラフルです。ファンデーションのスポンジもお菓子のごとくぶら下がっていますね。

Phra-Khanong-Market-16

衣料品や雑貨が販売されているエリアの近くには、地元の駄菓子やキャンディーなども売られています。うまい棒のような見た目のものもありました。どんな味なのでしょう・・・?左下のかごの中には堂々と猫が眠っています。きっとこの家の猫さんなのでしょう。

まとめ

今回は、100バーツを持ってプラカノン市場に行ってみました。想像以上にたくさんの野菜や果物が購入できました。やっぱり市場というのは、その土地で暮らす人々の生活が垣間見えて楽しいですね!プラカノンにお越しの際には、ぜひ市場を散策してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクのお薦め観光スポット7選

  2. 東南アジア初の本格的な温泉施設「湯の森」

  3. バンコクの地下鉄「MRT」の乗車方法をご紹介!

  4. ソンクラン in 2015!各地の日程を一発チェック!

  5. タイの隣国「ラオス」ビエンチャンに行こう!

  6. バンコク郊外の「水上マーケット」3箇所をご紹介します!

  7. 55階のルーフトップバー「レッドスカイ(Red sky)」

  8. バンコクの太極拳練功会

  9. カラフルなバンコクのタクシーは何色がオススメ!?

  10. 美容点滴や腸内洗浄のできる「ASIA HERB CLINIC」

ページ上部へ戻る