若者の流行の発信地「サイアムセンター」

スポンサードリンク

サイアムセンターは主に10〜20代の若者向けのショッピングセンターで、サイアムパラゴン、サイアムディスカバリーと同様、サイアム・ピワット社の運営する商業施設です。学生やおしゃれな若者の集まるサイアムセンターはよく改装されており、流行に配慮した内装です。では、おしゃれなサイアムセンターを見て行きましょう。

入口はBTSサイアム駅から直結

siamcenter33

サイアムサンターはサイアムパラゴンの隣にあります。BTSサイアム駅から直結しているので、観光客にもアクセスしやすいショッピングセンターの一つです。

ギャル系ファッションの多いGフロア

siamcenter28

siamcenter32

Gフロアはどちらかというと若い女性向けのブティックが入っています。

カジュアルスタイルの1F

siamcenter29

1Fはスタンダードなカジュアルブランドが入っています。

siamcenter30

時計やサングラスなども販売しています。

siamcenter25

スポンサードリンク

メンズファッションの多い2F

siamcenter22

2Fはメンズ服を多く集めたショップが幾つかあり、黒やブルー等、シックな色合いの店舗が多いです。

siamcenter21

デザイン性にこだわった3F

siamcenter20

siamcenter14

3Fはデザイナーズブランドなど個性溢れるブランドが入っており、商品の見せ方にもこだわりを感じるフロアです。

siamcenter18

siamcenter11

美容室もあり、歩いている人も美容師やアーティスト系、ファッション関係の人が多いように感じました。

スポンサードリンク

フードコートのある4F

siamcenter04

4Fはフードコートとレストラン街です。

siamcenter03

大阪大将も出店していますね。

siamcenter02

カオマンガイなどの価格帯は90B前後です。一般的なフードコートに比べると、やや価格帯が高めですね。

デザイン性の高い内装

siamcenter10

4Fから下を見ると、おしゃれですね。

siamcenter15

ところどころ標識を模した店舗案内があります。

siamcenter05

ここは何だと思いますか?「トイレ」です。入らないとトイレとわからない程の外観です。

siamcenter06

レストランに向けて書かれたお客さんからのありがとうメッセージを飾っています。綺麗ですね。

siamcenter12

ちょっとした壁もこのように作っていたりします。

siamcenter07

パッと見は普通のデパートですが、よく見ると発見の多そうな建物でした。若者に人気がありそうですね。

サイアムセンター 店舗情報

  • 平日 10:00〜21:00
  • アクセス:BTSサイアム駅4番出口奥から直結
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. タイ旅行で一度は乗りたい「トゥクトゥク」が勢揃い!

  2. オンヌットのsoi77/1「マッサージ通り」でマッサージ体験

  3. バンコクからチェンマイへ移動する3つの方法

  4. お洋服を安く買える「プラチナムファッションモール」

  5. リラックセション&ウェルネスコンプレックス「バニラ」のメニュー

  6. カラフルなバンコクのタクシーは何色がオススメ!?

  7. バンコクのルーフトップバー「ブルースカイ」

  8. タイで「象乗り体験」&「水牛乗り体験」をしよう!

  9. 倉庫跡地のNEW観光地!「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

  10. プロンポンの「エンポリアム・フードホール」に行ってみた!

ページ上部へ戻る