バンコク郊外の「水上マーケット」3箇所をご紹介します!

スポンサードリンク

タイには元々豊かな運河があり、漁業や農業に恵みを与える人々の生活の中心でした。バンコク郊外に今でもある「水上マーケット」は主に3箇所。昔ながらの水の都を楽しむことができます。小船に積まれたフルーツや魚などの売り買いの姿を見に、水上マーケットに行ってみてはいかがでしょうか。

ダムヌンサドアク水上マーケット

market1

ダムヌンサドアク水上マーケットは、奥地に行くため「水上ボート」を使うことが多いと思います。水上マーケットの中では1番お客さんが多く、ほとんど観光地化していますが、取れたてドリアンやフレッシュ・ココナッツジュース、揚げたバナナ等を船に乗った商人達が売りに来る姿は新鮮です。お土産屋さんもあり、現地の方の手作り製品を買うことができます。

水上ボートに乗り込んだ際、カメラマンが写真を撮ってきますので、もし出来た写真が欲しい場合は、ポーズを撮ると良いでしょう。水上マーケットの出口を出たところにお皿売りの商人が居て、自分の写真がカラー印刷されたお皿を記念に購入することができます。運河は茶色で、泥が混じった自然の色です。人で賑わう伝統的なダムヌンサドアクの姿を見学してみてはいかがでしょうか。

  • アクセス:観光ツアーのミニバスで片道1時間ほど。ココナッツファームや象乗り体験とセットのツアーが人気です。
  • スポンサードリンク

    アムパワー水上マーケット

    amPhoto by tanyapham

    金・土・日の週末がメインの水上マーケットです。平日はほとんど出店していません。アムパワー水上マーケットが盛り上がるのは夕方以降。タイ人がとても多く、お土産屋も沢山有り楽しめます。マーケットは広く、ぐるっと一巡りするのには3時間程あれば良いと思います。川辺で船の商人が売るシーフード(エビやイカ)を食べ、お酒を飲むと気分が盛り上がってきますよ。歩き食いをしている人が多いです。1〜3時間ほどで、複数のボートツアーが組まれており、夜から「蛍」を鑑賞できるボートツアーが特に人気です。蛍を見る場合は帰りが遅くなります。

  • アクセス:
    タクシー又はBTS戦勝記念塔駅の南側にあるセンチュリープラザからロットゥーで1時間半です。タクシーの場合は往復1000〜1600Bですが、乗り合いのロトゥーなら片道100B以下で行けるでしょう。ロトゥーは出発時間が決まっていることもあるので、早めに行ってチェックをしましょう。
  • スポンサードリンク

    タリンチャン水上マーケット

    talingchan1Photo by centrepointsukhumvit

    タリンチャン水上マーケットはバンコクの西、トンブリー地区の、ローカル色豊かなマーケットです。主に土日のみのマーケットですので、平日に行くとガラリと感じるでしょう。規模は大きくありませんが、ダムヌンサドアクとは異なり、船屋台がメインの場所ですので、タイ料理が好きな方は楽しめるかもしれません。河の上に組んだ大きなイカダがレストランになっていて、その周辺にタイ料理を載せた小船が集まります。イカダの中はゴザが敷かれていてテーブルがありますので、好きな食事を買ってきて、イカダの中で食べます。料理の種類はタイ風ラーメンやパッタイ、ソムタム等の屋台料理がメインですが、シーフードレストランもあり、焼き魚、焼きエビや焼き貝等も食べることも出来ます。

    ロングテールボートのツアーもタリンチャン水上マーケットから出ており、100B以下で周辺を散策することができますので、コレは逃さない方が良いでしょう。コースによりますが、なまずの餌やりや花の栽培所、お寺、民家が行う露店等に寄ってくれます。

  • アクセス:サイアムセンター又は伊勢丹前から出発の79番バス(オレンジ色)で1時間です。
  • まとめ

    水上マーケットは、タイを訪れる観光客にも大人気のスポットです。水と緑に溢れた東南アジアの文化を感じられる場所ですので、ぜひ一度は訪れてみてください!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサードリンク

    関連記事

    youtubebanner

    ピックアップ記事

    1. バンコクでアンチエイジング「ポンサリン・クリニック」

    2. 【保存版】バンコクの日本語対応の病院一覧

    3. 日本人の利用頻度が高い「バンコクの銀行」3選

    4. バンコクでの生活費を物価とタイプ別にご紹介!

    5. バンコクの荷物預かりサービス、コインロッカー一覧

    6. 【随時更新中】バンコクで見かけたイヌの写真を掲載中!

    7. タイでマッサージ師に渡すチップの相場はどのくらい?

    8. BTSオンヌット駅前のほくほく「甘栗屋さん」

    9. タイで観光できるリゾート島一覧

    10. タイ旅行で一度は乗りたい「トゥクトゥク」が勢揃い!

    ページ上部へ戻る