バンコクで買う「お土産」一覧とお薦めスポットまとめ

スポンサードリンク

今回の記事では、旅行者や一時帰国の駐在員の悩みの種である「お土産選び」をまとめました。

NaRaYaの小物

naraya1

NaRaYaは近い将来の日本展開を予定しているそうですが、個人的にはタイ独自のお土産として日本に持ち帰りたいと思うブランドです。軽くて模様も可愛くて、値段もあまり見ずに沢山カゴに入れちゃいます。シーズン毎で柄がチェンジするので、定期的に足を運びたいですね。お土産としても自分用としても最適です。

手作りされたアクセサリー

thaigoods2credit:ebay

タイでは、路上の露店やショッピングセンターの中など様々な場所で、手作りアクセサリーを販売する人に出くわします。カラフルな糸や毛糸、布等を使用し、まさに一品物という感じの作品と出会えます。会えたらチャンスを逃さずに、作品を見てみましょう。

タイパンツ

thaipantscredit:etsy

タイに来ると何故か履きたくなるし、履いていてOKという雰囲気のある「タイパンツ」は、バックパッカーの欧米人が1番おしゃれに履いています。さらっとしていて楽ちんです。日本に持ち帰ってあげても、とても喜ばれる逸品。特に男性はタイパンツが好きなようですよ。タイでは多くのマッサージ店のスタッフさんが履いています。

スポンサードリンク

トゥクトゥクの置物

tuktuktoycredit:ebey

一部通販でも似たようなものが購入できますが、やっぱり手にとってタイで作った人から買いたいという気持ちにはなりませんか?空き缶や金属、木製等、作者が駆使して作ったトゥクトゥクの模型は、同じものが2つとありません。お家に飾っておくと、とても明るい気持ちになれますよ。

ヴァージンココナッツオイル

coconutsoil

流行が止まないココナッツオイル。日本でもいたるところで買えるようになりましたが、価格はまだまだ高騰ぎみ。タイでは普通にスーパーに数種類並んでいることが多く、手頃な価格で購入できます。「ヴァージンココナッツオイル」をお求めになりたい人が多いでしょうか。ヴァージンココナッツオイルは未精製のココナッツオイルなので、陳列している場所の温度によって、乳白色であったり、透明であったりしますが、ココナッツの実の白い部分より抽出されているもので中身は同じです。因みに顔用のココナッツオイルもありますが、馴染みは少ないでしょうし、合う合わないがあるので、お土産用ならデパートやスーパーの食用ココナッツオイルで十分なのでは?痴呆にも効果があると言われているほど未開の可能性を持つココナッツ。ぜひ、タイ旅行を機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイシルク

silkcredit:aectourismthai

タイシルクといえばジムトンプソンですよね。ジムトンプソンならアウトレットを扱った店もありますが、ジムトンプソンに限らず、タイで幾つかタイシルクを扱っている店があります。筆者も購入したことがありますが、布もしっかりとしていて上質。日本でシルクを買うとなるとかなり価格が跳ね上がる傾向がありますので、タイに来た際に布地だけでも購入してはいかがでしょうか。ハンドメイドが好きな人にはお土産に大変喜ばれます。

タイシルクの最高峰「ジムトンプソン」のアウトレットに行こう!

スポンサードリンク

ココナッツのクラフト商品

cupcredit:indonesiaexport” target=”_blank”>indonesiaexport

ハワイやインドネシア、タイ等、南国で採れるココナッツを使った食器が美しいです。実際に使用するというよりは、綺麗なので飾っておきたい逸品ですね。筆者も水上マーケットに行った際に、これを買わなかったことを今では後悔しています。ココナッツの食器や電灯など、誰もが作れるわけではありません。

メラミン食器

melaminecredit:http://thaikk.co.th/index.php?route=information/information&information_id=52&sidebar=true

これもつい大量買いしてしまう物の1つです。落としても割れないので、お子様の食器にはもってこいです。最近は可愛らしい柄の食器も多く、飲食店の方も沢山購入に訪れます。唯一電子レンジが使えないところが食器として残念ではありますが、お菓子やつまみなどを載せるにはむしろ調度良い素材です。エンポリアム5Fに沢山置いていますよ。

バンコク随一の高級デパート「エンポリアム」

スポンサードリンク

ご当地プリッツ

プリッツ1

日本語で書かれたプリッツのパッケージ。タイではセブンイレブンなどのコンビニで手軽に購入できます。味の種類も日本とは違い、特に「トムヤンクン味」「ラープ味」は日本人にも美味しいと感じる味です。ラープは、あまり馴染みがないかもしれませんが、だからこそお土産にはもってこいかもしれません。単品だと15B程、お土産用は1箱に6袋入って150バーツ程ですので、職場の皆様などにいかがでしょうか。

フルーツチップス

dorian

ドライフルーツは日本でも割りと買えますよね。けれども、ドリアンをドライにした「ドリアンチップス」はいかがでしょうか。あまり見かけないですよね。タイならどこでも120B~230B程で購入できるのでお土産にも良いですし、自分で食べても美味しいですよ。ドリアンが苦手な人へのお土産にはドライマンゴーがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. バンコクにワニ園!?「クロコダイルファーム」に行ってみよう!

  2. バンコクの雨季ってどんな感じなの!?

  3. 美容点滴や腸内洗浄のできる「ASIA HERB CLINIC」

  4. 日本人にも大人気のタイの庶民派B級グルメ5選

  5. 【随時更新中】バンコクのコワーキングスペースまとめ

  6. 外国人や富裕層で賑わう高級スーパー「グルメマーケット」

  7. バイヨークスカイタワーの高層階「ビュッフェ」

  8. ソンクラン in 2015!各地の日程を一発チェック!

  9. バンコク行き格安航空券を買うなら旅行代理店?それともネット?

  10. トンローからプロンポンまで歩いて物件見学に行ってみた!

ページ上部へ戻る