バンコクからチェンマイへ移動する3つの方法

スポンサードリンク

タイ第2の都市チェンマイ。バンコク在住者も旅行者も、チェンマイに行く人は多いですよね。バンコクとチェンマイの距離は約750km。その往復手段は、「飛行機」「電車」「バス」の3種類あります。ぞれぞれの価格、所要時間などをまとめてみました。もちろん、どれに乗っても全席禁煙ですので、喫煙者は注意しましょう。

飛行機でチェンマイに行く

1日10便以上と充実した便数があります。時間を無駄にしたくない人や、体力的にバスや電車での移動はキツイという人にとっては、有難い移動手段です。バンコクからチェンマイの飛行機での所要時間は1時間15分。スワンナプーム国際空港発着のタイ国際航空なら往復7000B前後、バンコクエアウェイズなら6000B前後、ドンムアン空港発着のLCCであるエアアジアやノックエアー、ライオン・エアでは往復1500B前後でも予約できます。料金は航空券比較サイトや各社ウェブサイトで確認して購入してください。発着の空港のチェックもお忘れずに。

changmai3Photo by skyscanner

LCCは基本的にドンムアン空港の発着です。間違えてスワンナプーム国際空港へ行かないように注意しましょう。

スポンサードリンク

電車でチェンマイに行く

普通列車から寝台列車まで、様々な種類と価格帯があります。

寝台列車

夜に出発して朝到着するタイプです。2等寝台は片道800B前後、1等個室は1名利用で1900B、2名利用で1300Bほどです。飛行機でLCCを使う場合と比較すると、それほど安いわけではありませんが、深夜移動ですので宿泊費が1日分浮くメリットはあります。

※鉄道のネット予約は2014年から中止されています。ご注意ください。

■料金とエアコンの有無等、時刻表のみ以下のURLで見ることができます。
時刻表検索サイト→ thairailticket.com

普通電車

changmai5

普通電車の場合、一番安いクラスなら230Bほどで乗車できますが、エアコンがなく扇風機だけですので、オススメできません。とにかく費用を抑えたいという人は、体力に自信があれば乗っても良いでしょう。

長距離バスでチェンマイへ

長距離バスは複数種類があります。その中で主要なチェンマイ行きのバスは、①トランスポート社の政府系バス、②ナコンチャイエアのバス、③旅行会社のミニバンやバスです。バスでは警察や軍のチェックが入ることがあるので、パスポートは持っておいてください。

政府系バス(トランスポート社)

人気のバス会社でチェンマイまで1000B前後です。所要時間は9時間半ほど。トランスポート社のバスは、バンコクの北バスターミナル(モーチット)からチェンマイ・アーケード・バスターミナルまでの運行です。北バスターミナルはBTSのモーチット駅、MRTガムペーンペット駅が最寄りですが、徒歩では20分以上かかるので5分程かけてタクシーで行くと良いでしょう。政府系バスはリクライニングも付いていて、トイレも車内にあります。事前予約は電話でできますが、チケットはバスターミナルでの購入になるので、早めに到着して購入した方が良いでしょう。当日購入は乗れないこともあるので、特に繁忙期はご注意下さい。

トランスポート社バスコールセンター(タイ語・英語)
・URL:http://home.transport.co.th/en/bus-schedule.html
・TEL:1490

changmai7

スポンサードリンク

ナコンチャイエアのバス

ナコンチャイエア(民間バス会社)は700~900Bほど。1日18本運行しています。快適さや予約の取りやすさからタイ人に人気です。料金はクラスや時間帯によって異なります。電話予約も可能でナコンチャイエアのコールセンターにかけると名前や日付を言って、予約番号が分かります。その番号を近くのセブンイレブンで伝え、バスチケットを発行して支払いをする流れになります。チケットには名前と当日の席番号が入っています。乗り場は政府系バスと同様、北バスターミナル(モーチットバスステーション)から車で5分位なので、駅からはタクシーで行くのがおすすめです。

ナコンチャイエアのコールセンター(タイ語・英語)
・TEL:02-936-0009
・営業時間:6:00~24:00

旅行会社のミニバンや長距離バス

旅行会社のミニバンや長距離バスの多くは「カオサン通り」やスクンビット通りの主要駅から出ます。チケットは、個人運営の旅行会社で購入するケースが多いようです。料金は各社によって異なりますが、600B前後。欧米人のバックパッカーが多く、和気藹々、音楽を鳴らし、会話を楽しむといったような雰囲気があるので、語学ができてバックパックに慣れている人なら楽しめるでしょう。メンバーによって居心地が変わりますね

まとめ

若い内ならバスや電車移動も良いかもしれません。価格も安く、夜行なので1日分の宿泊費も浮くので。ですが、短期旅行者や忙しい社会人は、飛行機移動がベストでしょう。特にLCCなら、運が良ければバスや電車より安く乗ることもできるので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. 黄色いプリウス「オール タイ タクシー(ALL THAI TAXI)」とは

  2. バンコクの地下鉄「MRT」の乗車方法をご紹介!

  3. プロンポンのエンポリアム2「エム・クオーティエ」に行ってみよう!

  4. 61階の「バーティゴ・アンド・ムーンバー」

  5. 55階のルーフトップバー「レッドスカイ(Red sky)」

  6. 高級ホテルのアフタヌーンティー一覧

  7. バンコクのスケートリンク「The Rink」

  8. 【随時更新中】バンコクのコワーキングスペースまとめ

  9. デザイナーズホテル最上階の「ザ・ルーフレストラン」

  10. おすすめ!バンコクローカルな人気の水上マーケット「クロンラッド」

ページ上部へ戻る