バンコク1人旅の宿泊・食事・観光・移動まとめ

スポンサードリンク

1人旅の醍醐味といえば、そこでしか出会えない人間関係や、1人で居ることの満喫感を得られることでしょう。バンコクには旅行者も多いので、不思議と海外の友達も増えると思います。この記事では、1人旅の宿泊・食事・観光・移動のノウハウをまとめてみました。

宿泊

KF2-2206credit:surfstyle

1人旅で高級ホテルに泊まる人は多くはないでしょう。予算もありますから、寝るだけのホテルにお金を掛けるよりは、余った予算でマッサージやスパ、美味しいタイ料理を楽しんだり、アユタヤやパタヤなどにショートトリップするなど、楽しむことにお金を使ったほうが良いと思います。ただし、セキリュティや居心地、スタッフの対応から言えば高級ホテルに泊まった方がタイ全体の印象が良く見えるかもしれません。

女性であれば日本人経営のゲストハウスもおすすめですが、お客さんはもちろん多くが日本国籍の人です。旅慣れた日本人に色々な所に連れて行ってもらえる可能性もありますが、せっかくならタイ人と触れ合って、小さなトラブルや言葉の壁も含めてコミュニケーションをしてみませんか?タイ人経営のゲストハウスは「Agoda」や「ホステルワールド」で検索することが出来、宿泊した人のコメント等を参考にできます。女性の1人旅であれば、カオサン通り等の誰に合うか分からない場所は避けて、もうちょっと落ち着いたゲストハウスやホテルに宿泊した方が安心でしょう。男性の場合はすぐに他から来た日本人男性と打ち解ける傾向があり、はじめて合った人達と複数で行動することが多いようです。お互いに情報交換も出来、良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

食事

trip4

バンコクでは、「完全な日本食」「タイ化した日本食」「タイ料理」「屋台料理」「インド・中華料理」「フランス料理」「イタリア料理」「ファーストフード」など様々な食事を取ることができます。今回はあくまで1人旅。せっかくの旅ですので「タイ料理」「屋台料理」等で3食を過ごしてみてはいかがでしょう。どうしても味に飽きたときには、バンコクには幾らでも、寿司や定食の食べられる日本食屋や手軽なラーメン屋が点在しています。リーズナブルな駆け込み寺としては「大戸屋」や「やよい軒」も、合わせて100軒以上あります。カフェも沢山ありますが、スイーツは総じて甘すぎると思います。特に女性は甘さや香りに敏感ですので、カフェに行く場合は下調べをして行くのが賢明です。ぜひ、1人旅では「タイの料理」を満喫してみてください。

スポンサードリンク

観光

観光はワット・プラケーオ、ワット・ポー、ワット・アルン、ウィマンメーク宮殿等の中からメジャーな建築物を2つ程見て、残りの時間はローカルな町並みを散策するのがオススメ。最近は目覚ましく高級デパートが増えてきていますが、中のテナントはどの国もだいたい同じです。せっかくタイに来ているのだから、涼しいところでのんびりするよりも、タイでしか見られない所に足を運んでみましょう。

筆者が1番嬉しいと感じた体験は「象乗りツアー」でした。自然に村の人と住む利口な象が湖の中や森を歩く姿を沢山見ることが出来、一生に一度の体験とはまさにこの事だと思う内容でした。次の刺激的な経験は屋台メシを食べることでした。屋台の椅子に座って「白い麺の入ったスープ」を食べたのがはじめてでした。胃は強いほうなので心配はしていませんでしたが、予想外にも美味しかったので、ついついスープまで全部完食。これもタイならではの経験です。胃に自信の無い人は旅行の最終日あたりに試してみるのが良いでしょう。

観光で必ず行って欲しい物の1つが「タイ古式マッサージ」です。必ずしも疲れが取れたり肩こりが解消するわけではありませんが、タイならではの本格マッサージを受けること自体が立派な思い出になります。価格も日本で受けるタイマッサージと比べると、半額以下なのでお得です。

移動

trip1credit:Hanumann

移動手段は「タクシー」「トゥクトゥク」「モトサイ(バイクタクシー)」「BTS(スカイトレイン)」「MRT(地下鉄)」「バス」などがあります。夕方のラッシュ時間は「BTS」「MRT」がおすすめ。「バス」は初めての1人旅では、路線の本数が多く複雑なので、少々難しいでしょう。「モトサイ」は、スクンビット通りなどの大通りから伸びるソイ(路地のこと)に必ず停まっています。運転手も親切なので帰りの際はホテルまで乗っても良いでしょう。「トゥクトゥク」は観光でしたら1度は乗ると楽しめますが、悪質な運転手や目的地以外へ案内しようとする運転手もいるので、不穏な空気を感じたら降りて下さい。「タクシー」は涼しいので複数で使う場合はオススメです。最近はきちんとメーターを使う運転手が増えましたが、1人で乗るとボッタクリの危険が増しますので、よく選んで乗りましょう。

まとめ

1人旅の目的は様々でしょう。極力時間を優先して動きまわりたい人が多いと思うので、スケジュールが変更になった場合も含めて第2候補の行き先等も視野に入れておくと良いかもしれません。

Top photo by backpacker

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

youtubebanner

ピックアップ記事

  1. ディオラ・スイ「静の翠」

  2. バンコクの歯科医院、歯科クリニック一覧(日本語対応あり)

  3. タイで過ごす際の基本マナー5選

  4. バンコクのコワーキングスペース「HUBBA」に行ってみた!

  5. インタープレースホテルのスパ「Chantara Spa」

  6. バンコクの荷物預かりサービス、コインロッカー一覧

  7. 【随時更新中】バンコクで見かけたイヌの写真を掲載中!

  8. スカイトレイン(BTS)に乗ろう!

  9. アジアティークのイタリアンレストランに行ってみた!

  10. バンコクで「うどん」を食べられる飲食店まとめ

ページ上部へ戻る